ブログ一覧

帯締めの結び方

 

 

帯締めは、着物姿の要とも言える存在。きちんと結ぶと全体が引き締まります。
けれども慣れないうちは結び方が難しく、結び目が逆になってトホホ💧なんてことも…。
でも落ち着いて結べば大丈夫☝️今回の動画は、実践的なアングルで撮影しました。
ご自身で結んでいる様子を想像してご覧くださいませ。

 

2019年04月11日

補正の仕方(胴回り、腰回り)


 

今回は、胴回りと腰回りの補正の仕方をご説明いたします。前回同様、凹んだところをタオルや晒で補って丁寧に平らにしていきます。この補正が足りないと腰紐が不安定になる原因となります。

胴回り、腰回りの補正は、美しい着物姿を維持するために必要な補正と言えるでしょう。


今回の動画のポイントは以下の5つ

①着物のインナーについて

②襟周りの補整の復習

③着る順番…肌襦袢→襟周りの補正→長襦袢→胴回りの補正→腰回りの補正

④胴回りの補正…どこに?どれだけ?どんなもので?

⑤腰回りの補正の…どこに?どれだけ?どんなもので?


補正で着崩れを防いで、『いつ見ても綺麗ね〜』と褒められちゃいましょう❣️

2019年04月02日

補正の仕方(襟まわり)


 

着付けが一通りできるようになったら、次は補正の仕方を覚えましょう。
着物女子の誰もが一度は悩む『襟合わせ』
半襟が着物で隠れてしまう…。
襟周りにシワが寄る…。
だらしなく見られたり、老けて見られたり。
せっかく頑張って着たのに、泣きたくなってしまいますよね😢

でも大丈夫😊💕
補正の技術を身につけて、更なる輝きを手に入れましょう✨

こちらの動画は以下の3ポイントについてご説明しております。
①なぜ着崩れが起こるのか?
②どの部分にどれだけの補正が必要か?
③どんな素材でどのように補正をすれば良いか?

どうぞご活用くださいませ👘

2019年03月30日

着物の着装

今回は着物の着装です。着装には気を付けるポイントがいっぱい❗️集中していきましょう😊

 


今回は着物の着装です。着装には気を付けるポイントがいっぱい❗️集中していきましょう😊
着装で気を付けるポイントは…
●半襟が左右同じだけ出ているか?
●衣紋は綺麗に抜けているか?
●衽線は上下繋がっているか?
●裾の長さはちょうど良いか?
●無駄なシワはないか?
などなど。

2019年03月22日

名古屋帯の結び方

帯結びの基本、名古屋帯。一つ一つの動きを確実に決めて結び方をマスターしましょう。

 


帯結びの基本、名古屋帯。一つ一つの動きを確実に決めて結び方をマスターしましょう。
帯結びが難しく感じるのは、目が届かない背中で作業をしなければならないから。さらに、背中に回した手を上にあげる動作も多く、普段使わない筋肉を刺激するようです。
確かに簡単ではないけれど、一つ一つの動きはそれほど複雑ではありません。
右手と左手を交互に動かして。ご自身の身体をフルに活用させて帯を結びましょう。
最初はきつく感じる動作も、少しずつ無理なくできるようになりますよ。

2019年03月22日

着付け前の準備

美しく着物を装うには準備が大切。無駄な動きを減らして着物のシワを防ぎます。

 



美しく着物を装いたい。
そんな女性の声にお応えして、よし庵ではバーチャル着付け教室を立ち上げました。

なぜ着物はこんなにも複雑なのでしょう?
日本の民族衣装にも関わらず、着物を自由に着こなす女性は、むしろ少数派です。

着物はやり直しの効かない一発勝負。
手順を完全に覚えて無意識のうちに手が動くようになるには相当な時間と労力を要します。
また、着物の素材や種類によって微妙な調節が必要で、慣れてきても気が抜けません。
さらに、季節や格による決まりごとも多く、これらが私たちをさらに悩ませ、混乱させます。

でも、もし着物が簡単だったなら…?
私たちはこんなにも夢中になったでしょうか?

着物の不思議な魅力。
私たちは『着物』というものに自分を合わせて、変化させていかなくてはなりません。
自己中心的なままでは素敵に着こなせないのです。焦らず、じっくり、着実に。
ひたむきに真摯に着物と向き合って。

すると…、不思議。
あなたの内面まで変わってきます。

着物を愛するすべての女性のために。
よし庵のバーチャル着物教室。開講です🏫

第一回目は『着付け前の準備👘』

2019年03月22日