『どこで女性らしさをアピールさせるの?』Part3歩き方

Part2の【美しい所作 これだけは‼️】を習得なさった生徒さんから、また質問を受けました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『美しい歩き方を教えて欲しい。一本の線を歩くようにと言われても、具体的にどう歩けばいいのか分からない』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは失礼しました。
こちらの説明不足でした。
一本の線の上を歩くと言うのは、この写真のようなことです👇
ーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーー

《解説》
美しい歩き方には下のような式が成り立ちます。
●一本の線

●足の親指と人差し指の間→かかと中心

足の親指と人差し指の間から伸ばした線が、かかとの中心を通ります。
それが、床の上の一本の線にピッタリと重なるようにして歩きます。
そして足の甲から着地するようにして歩を進めます。
畳の上では、すり足が基本です。

次の足も同じように👇
ーーーーーーーーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

この一本の線を、平面だけでなく、空間でも意識していきます。
平面からこの一本の線が空間へと立ち上がった時、身体の中心を通るような感覚です。

おへそ→背骨→鼻→頭の中心

りんご🍎が芯を持っているように、
鉛筆✏️に芯があるように、
ご自身の中心にも軸があるかのような行動をしてみてください。

そうすると、頭の位置がズレません。
頭が水平運動または、垂直運動をするように見えます。
不規則な運動をしなくなります。

周りの人が、あなたの次の動きを予想できます。
または、予想外だとしても、リズムが一定であれば動きに無駄がないため、安定感があります。
すると、相手が安心します。

人間の目は、動くものに反応します。
不規則な動きや、予想外の動き、突発的な動きは、捕食動物(ライオンや、トラ、オオカミなど)を連想させ、私たちは不安を覚えます。
これが不快感の元となり、所作の整っていない人を遠ざけたくなってしまうのです。

オドオドしている人に対しても、不快感を覚えます。
オドオドしている態度の裏に攻撃性を感じるからです。
『窮鼠猫を噛む』
追い詰められたネズミが突然攻撃的になり、猫に噛み付くさまですが、これは現実にあり得ることで、オドオドしていても油断ならない相手と見られてしまいます。

所作が整うと、あなた自身の精神が安定します。
ライオンのように攻撃的になることも🦁
ネズミのようにオドオドすることも🐭
なくなってきます。

自分の力のコントロールができるようになるからです。
むき出しだった欲求を、綺麗に整えて、美しい箱にしまって、正しいタイミングで、自分の収めるべき位置へと静かに置く感覚です。
この感覚を大人の女性である皆さまに、ぜひ磨いていただきたいと思うのです。
美しい一歩は幸せへと繋がりますよ💕

美しい所作の内容は、『宗嘉の会 会員のページ』で、今後シリーズ化していきます。
どうぞお楽しみ❣️

逆勝手 薄茶 棚 のお稽古風景👇


ーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーー
By 工藤さやこ

2019年10月22日