羽織りの美しい着方、脱ぎ方

羽織りの美しい着方、脱ぎ方について動画をアップしましたので、ブログでもご紹介したいと思います。
羽織りやコートは、人前で脱ぎ着するので、静かに美しく行っていただきたいところ。バサバサと音を立てるのではなく、しずしずと最小限の動きで。


●羽織りの着方
⑴羽織りの内側を自分の方に向けたら、右手は右袖の上、左手は左袖の上を持つ。持ち方は、親指が自分側。人差し指が外側。
⑵右手で、左の方も一緒に持つ。右手の人差し指が真ん中、中指一本で左側を持つ。
⑶それを背中に回し、左手が左側を背中で受け取る。
⑷両手、ずりずりと外側に広げる。肩幅の2倍ほどのところでストップ。
⑸右袖を、右肘と右肩の間に掛ける。
⑹左袖を、左肘と左肩の間い掛ける。
⑺右手で、両身頃を持つ。
⑻空いた左手は、着物の袖を持って、羽織りの外に出す。出たら、両身頃を持つ。
⑼空いた右手は、着物の袖を持って、羽織りの外に出す。
⑽外にでた両手で、羽織りの襟、胸のあたりを持ち、襟が首の後ろで外側に二重になるようにする。鎖骨の辺りで自然に内表になるように整えたら、紐を結ぶ。結び方は帯締めと同じ。

●羽織りの脱ぎ方
⑴紐を外したら、その紐あたりの襟を両手で持ち、両袖を両肩から後ろにずらす(写真のように)
⑵背中のあたりで、右手で左袖の袖口を持ち、左手を袖から抜く。右手はまだ左袖の袖口を持っている。
⑶左手、右袖の中に入れて、右手から両方の袖口を受け取る。
⑷右手、袖から抜いて、もう一方の袖に手を入れて袖口を持つ。
⑸両手でそれぞれ袖口を持ったら、羽織りを袖畳みにする。(袖と袖を合わせて右手で持つ。)
⑹左手は襟の背中心あたりを持ち、両手で二つ折りにする。
⑺肩山のところで四つ折りにする。
⑻身八つ口のところで、横に折り、そのまま繰り返し折り小さくまとめる。

 

 

2019年12月05日